カテゴリ:eat( 70 )

食べ物備忘録

c0012176_0565027.jpg1月がいつのまにか終わり。
長かったような、短かったような。
食べ物備忘録です。

先週末:
大きな寒メジナ、800円ちょい、安っ!
刺身の旨味がすごい。
無理矢理アクアパッツアしたら、身がぷりぷりで美味。
ミル貝、はじめて捌く。湯通しすると皮がするりと向ける。
ちょっとビジュアルが気持ち悪いのだ。

この週末:
ニシン、アイナメ、ヤリイカ、赤貝でインチキ寿司。
ニシンは小骨が面倒だけど、脂乗ってる。
アイナメ、寿司にするなら皮は取った方が良かった。
ヤリイカはトロッとして美味。
赤貝がちょっと生臭かったかな。
良くぬめりを取った方がいいのかも。

真中レシピのバジルペーストのスパゲティーニは
気に入ったんで二回連続して作ってみた。
バジルペーストは作り置きもきくし便利。
ジャガイモとインゲンを入れて
味はペーストに、アンチョビと塩少々。
もすこし茹で汁入れるとさらにいいかな?
やはり深めのパスタ皿が欲しいなー。
アラビアのルスカが気になる、今日この頃です。
[PR]
by rocketwriter | 2010-02-01 00:57 | eat

模型屋

c0012176_20593068.jpgという面子で新年会。
いや、KMさん久しぶり、変わらんですね。

なんか十数年前のいつもみたいに
きっとどうでもいいような話題に熱くなりつつ
懐かしい時間が過ぎていった。

いただいたもの。
赤ワインがメルローとグルナッシュ各1本。
あとはアイスヴァイン一本。
そしてエンツコ堂のパン。

さらに小松菜と油揚げのおひたしと
ニンジンのサラダ(クミンシードとバルサミコ風)が絶品。

つくったもの。
鴨ロース二回目。
エビチリ(生姜買い忘れバージョン)。
カブと鶏のこっくり煮。
鶏骨付きもも肉と
レンコンジャガイモパプリカトマトペコロスズッキーニのグリル。
カワハギ(馬面だけど・・)の刺身・肝醤油仕立て。
アサリのリゾット。
蛸とオリーブのトマト煮。

グリルは初めて作ったけどビジュアル的にも楽しい。
次回は塩をもう少し多目に。

久しぶりの人も、定期的に会う人も、とにかく会えれば心強い。
心強いからなにかがどうなるわけではないけれど、
でも会わないよりいい。また会いましょう。そんな感じです。
[PR]
by rocketwriter | 2010-01-10 21:00 | eat

すいとん

c0012176_105790.jpg酒井家産小麦ですいとんです。

小麦1カップに水1/2カップ、
溶いたら1時間ほど寝かせて
スプーンですくって汁に落として
半透明になるまで少し煮込む。

根菜は大根と里芋と牛蒡と人参。
茸は舞茸と榎木。
本当は鶏肉も入れたかった。

すいとんがもちっとして美味しい。
小麦の味と香りが優しいな。

今年の目標。
今の仕事じゃない何かを考える。
それはもしかして、農とかかな?
[PR]
by rocketwriter | 2010-01-07 01:01 | eat

その後

c0012176_22262455.jpg三が日は無事、飲み屋にも行かず家で過ごしました。

二日目の夜は年越しちゃった蕎麦。食べてなかったので。
三日目の朝は蕎麦の汁アレンジして、酒井餅で雑煮。
三日目の昼はマッシュルームのパスタでございます。
夜は今のところ作る予定なし。

しかし正月、時間が経つの早いねえ…
[PR]
by rocketwriter | 2010-01-03 22:26 | eat

謹賀新年

c0012176_1561888.jpgあけおめです。
いちおう、生きてます。

年末から正月に作ったもの。
・鴨ロース。意外に上手にできてビックリ。
 近くに鶏屋さんがあるのが嬉しい。

・カブと鶏のコックリ煮。高山なおみレシピ。
 しばしば作ります。この冬はカブの美味しさに目覚めた。

・イワシのオリーブ焼。高山なおみレシピ。
 次回は塩をもう少し控えめに。翌日部屋がイワシの臭いで・・

・エビチリ。これも高山レシピ。
 もう3回目だけど、美味しいな。エビの背わたを抜くのが面倒です。

・豚バラ肉のトマト煮込み。
 アガペの真中陽宇レシピ。2回目。今回は塩が逆に少なかった。
 やはりラストに少々加えた方が良さそう。

・雑煮。
 酒井ファーム産ニンジンがきめ細かい。
 さらにお餅も酒井さん作。もっちり柔らかいのに、
 雑穀風の歯応えと香りがある。

あと、酒井ファーム製の小麦粉と白菜ももらってきた。
白菜は近日中に食べないと。小麦粉、まずはすいとんだろうか?

2010年も、作って食べて、作らなくても食べて、あと飲みますよ。

では、今年も宜しくお願いします。
[PR]
by rocketwriter | 2010-01-02 15:07 | eat

最近よく作るもの

c0012176_06623.jpgキノコのリゾットと、香菜とささみのサラダを良く作るような。

・サラダ(けっこう大量)
鶏ささみ100g強に酒大さじ1/2と塩コショウを少々で10分置く。
香菜一束は3cm、万能ネギ半束は4cmに刻む。
ザーサイは20分ほど塩抜きして、みじん切りで大さじ1強。
梅干し2個は種を抜いてまな板の上で叩いておく。
甘塩風の梅干しのほうが美味しい。

ラップをかけレンジでささみを2分~3分。
冷めらたささみを繊維にそって縦にさくようにほぐす。

香菜、ネギ、梅干し、ささみをボールに入れてよく混ぜる。
ザーサイとごま油大さじ2を入れてさらに混ぜ
塩とコショウで味を調えて完成。
冷蔵庫で冷やすとシャキッとした食感に。

・リゾット(二人分)
乾燥ポルチーニ5gを80ccの水で30分戻す。
玉ねぎ1/4を、繊維に縦に2cm幅で切る。
キノコはなんでも合わせて100g、薄切りにする。
鶏肉も100g、らしいが50gぐらいのほうがすっきり。
キノコも実は、少な目の方がいいかも。

小鍋にオリーブオイルを大さじ1
玉ねぎが透き通るまで炒め、100gの洗わない米を投入。

同時に別の鍋に350cc程度の湯を沸かし
固形コンソメ2個を入れ、これは常に弱火で沸かしておく。

米が温まったら小さめに切った鶏肉を炒める。
肉が白くなったら、ポルチーニの戻し汁を投入。
沸いたところで、キノコ、ポルチーニも入れる。
コンソメスープを米がひたひたになるぐらいにいれる。

ここから17分ぐらい、スープが米にかぶる程度に
3回程度にわけてスープを注ぎ足す。
時間になり、スープがほとんど無くなったところで
白コショウ(できれば挽かずに潰す)をふり
オリーブオイル大さじ1、削ったパルミジャーノ15gを加えて
勢いよくグルグル混ぜしてできあがり。
温めた皿に盛りつけるほうがいいかもしれない。
[PR]
by rocketwriter | 2009-10-12 00:06 | eat

キッシュが焼けたよ

c0012176_2317720.jpg平日の夜は、こんなことしてます。

ぜんぜんウソです。普段は午前様だったりするんだ。
超、久しぶりに早く帰れたので
嬉しくて、体調悪いのに、もったいなくて焼いてみた。
初挑戦だが、もう少しオーブンにブチ込んでも良かったかも。
焼き色がもっとこんがりと、ねえ。

あと、けっこうバター使うんでたじろぐ。メタボがさ。
もう少しヘルシーなレシピを探してみようかな。
でもパイ生地みたいなもんだからしょうがないかな。

でも楽しーなあ。毎日早く帰れればいいのに。

味見は夜遅いので明日にしよう。
無塩バターが無くて、普通のバターだったので少し心配。
でも食べちゃうんだろうな。。
[PR]
by rocketwriter | 2009-10-05 23:17 | eat

週末備忘録 作る、食べる、届く

c0012176_13334069.jpg金曜、なぜか、伊武雅刀と飲む。
飲んでる輪にイブがいただけだけど。
けっこう痩せてるな。眼光が鋭いぞ。

土曜、友と飲むことにする。
お昼過ぎぐらいから、二日酔いを振り払い
グレースまで行って500円ぐらいのメバルと
250円ぐらいのアサリと、170円だかのワラサを買う。

鶏屋に行き、レバーとささみを買う。
スーパーで生クリームとザーサイと梅干しを買う。
食料品店でバニラビーンズを買う。
八百屋で万能ネギ、ニラ、トマト、茶豆
アスパラ、ズッキーニ、玉ねぎなどを買う。
ワイン屋で白ワインを一本買う。

レバーとニラの炒め、ささみとザーサイと梅のサラダを作る。
出来たころ、もう近くにいるとの電話。
あわてて茶豆だけ茹でる。
遅くに来るかと思ってのんびり料理してたら
二人とも6時頃にはやってきたのだった。
なめらかプリンと、野菜の揚げ浸しと、茄子のマリネは諦める。

ゆで豚を炒めて香菜と味噌で食べ、カプレーゼを作り
ワラサは漬けにして、ニンニク風味が良かったりで
クライマックスはメバルのアクアパッツァと
友が持ってきた石垣鯛を塩焼きにして
ロードの絵がが書いてある赤と白のワイン
サイクルグラディエーターもいただいて盛り上がる。
ポルチーニとキノコのリゾットで終了。

夜遅くに京都から、もの凄い賀茂茄子が届く。豆腐も届く。
ああ残念。コイツも供したかった。
a-ken 、サンキューです。
[PR]
by rocketwriter | 2009-09-27 13:34 | eat

梅酒

c0012176_0364176.jpg作ろう作ろうと思っているうちに
八百屋さんは黄梅の季節になってしまった…
紀州南高梅、梅干しには良さそうだけど。
スーパーで、慌てて青梅を買う。

一日水に浸してあく抜き。
日曜の午後に、ざるに上げてよーく拭く。
ヘタは竹串で取るといいのだが
あいにく無いので、クリップで代用した。

枇杷も漬けることにする。
こっちはレモンも入れて酸味を期待する。
元さんのところで飲んだ枇杷酒はおいしかった。
フェジョアのお酒も美味しかった、が、入手は難しいか。。

夕方、梅を瓶に漬け終わったころ
ざあって雨が降ってきた。窓を閉めると少し蒸し暑い。
「イサキ釣りの季節が終わっちゃいますよー」って言う
カメラマン氏の電話を思い出したり。

6月末になったら杏が出回るし
秋になったらリンゴとカリンも漬けてみたい。
教授のところで飲んだ、山葡萄酒もやってみたいのだ。
[PR]
by rocketwriter | 2009-06-15 00:36 | eat

比内地鶏のたまご

c0012176_22424087.jpgタンザニア生まれでイギリス育ちなMegっぺの実家は
なぜか秋田の大館で、ご両親は比内地鶏を育てているらしい。
本日、とれたてたまごを頂戴する。
家に帰って、炊きたてご飯で礼を尽くすのだ。

細長い卵を割ってみると、なんと双子の黄身が出てきた。
醤油に、鰹と昆布で取った出汁を大さじ一杯と、
さらに味醂を小さじ1杯加える。

うんまーい! VIVA、たまご掛けご飯!!
黄身は小さいけど、濃厚だよ比内地鶏さん。
明日も食べよっかな。

秋になったらきりたんぽを食べに行きたいのだ。
[PR]
by rocketwriter | 2009-03-10 22:42 | eat