カテゴリ:旅&さんぽ( 27 )

ヤマナシ

c0012176_1641368.jpg日曜、山梨へドライブ。先週の話だけど。

遅い時間に出発したものの、混雑もなく
山梨ワイン醸造へ到着。
葡萄を搾る話・コルクの話・発酵の話を聞いた。
国産ワインが水っぽいという話があったけど
しばらく洋ものワインを飲んでいたせいもあってか
なるほどね、などと妙に納得してしまう。
甘めのアジロンは良いのだけれど…。

ワインをゲットして、次は恵林寺に近い
機山(きざん)洋酒
さすがに超人気ワイナリーとあって
全てのヴィンテージが売り切れている。
唯一残る、地元向け用の白ワインを購入。
地元向けワインは一升瓶入りなのだ。

ここから牧丘町をかすめてクリスタルラインへ。
いつもの藤原庵で、きのこ料理を味わう。

夕方はもう一度クリスタルラインを戻る。
塩山駅に近い甲斐ワイナリーは母屋の雰囲気がいい。
同じ白でもヴィンテージと新酒だと
だいぶ味と香りに差がある、なんて話をする。

その夜はほったらかし温泉
…がラストのはずだったのだが
自宅近くで急ブレーキ踏んで
甲斐ワイナリーの白を割ってしまった。
嫁さん激怒で、一日が終わりましたとさ。
[PR]
by rocketwriter | 2006-10-22 16:04 | 旅&さんぽ

三鷹

c0012176_2541545.jpg三鷹いいな。住みたい。

すごくお洒落でもないし
栄えてるわけでもないけど
古本屋や中古レコード屋や
喫茶店がパラパラとあって
たまに珈琲豆の専門店とか
妙にワインに入れあげた酒屋とか
乾物屋とか、魚屋とか、八百屋がある。
昔懐かしい模型屋とか
ガチャガチャやフィギュアが置いてある店もある。
いちおう、インテリアの店もある。
町が小さいせいか、小さい店が多いのか
二三度通っただけで顔を覚えてくれるのもいい。
都心より空がいっぱい見えるのも嬉しい。

週末、三鷹でワインと珈琲豆買って
東小金井で魚買って、ウロコだけ取ってもらって
そこからタクシーで田無に帰って
魚食べて、ワイン飲んだ。
またいつか、中央線沿線に戻れるかな?
[PR]
by rocketwriter | 2006-09-12 02:54 | 旅&さんぽ

Tabi

c0012176_0442480.jpg軽井沢、星野リゾートでロケ。

軽井沢ホテルブレストンコート星のや 軽井沢もすごい。
日本のブランドリゾートに求められるモノのほぼ全てが
俺ごときの想像を軽く上回るレベルで揃っている。
プレステージ性のある雰囲気作り、豪華なアメニティ、大胆にして緻密な空間…
ある意味、ウォルト・ディズニー的な完璧さで、ここのシステムは完結する。
広報も素敵な人物が多く、星野リゾートの実力をただただ思い知るのだった。

翌日迷い込んだ太平洋クラブ軽井沢リゾートっていうゴルフ場も
入口しか見てないけど、蓮の池を囲む緩やかな芝の丘が桃源郷みたい。
超のつく定番リゾート=軽井沢のポテンシャルを、改めて垣間見る。

そんななか、寝不足アタマで考えた。
「こんだけもてなされて、徹底してヨイショされて…
代価がお金だけっていうので良かったんだっけ?」。

せかせかと休むヒマもない、例えば俺のような半端な人生に
癒しやストレス解消が、あったらきっと良かったんだとして
その答が、お金払って参加するだけで満たされてしまうようなシステムで
みんなはどれを選ぶか、つまりはその差別化にだけ、必死になっているとしたら
日本人の想像力に、ちょっとだけ寒気がするかもしれない。

旅ってなんだっけ? 何が見たくて、何がしたくて出かけるのだっけ? 旅ってもっと…
[PR]
by rocketwriter | 2006-09-06 00:27 | 旅&さんぽ

戸隠、中目黒

c0012176_1251446.jpgまたまた信州ロケ。

キャスティングはなんと、下野康史さん。
チャーミングな方だった。感動しました。
久しぶりに出かけた戸隠も、悪くない。
そばの実 と 極楽坊 で蕎麦を食す。
本当は、戸隠の先の黒姫高原で食べたてみたかったのだけど
それは新蕎麦の季節まで待つことにしよう。
ロケのあとは、戸隠ツアーお決まりの、八幡屋礒五郎 にも寄る。
浅草の やげん堀 、京都の 七味屋 と並ぶ日本三大七味処。
隣りにある 藤屋旅館 もぶったまげ。タイアップで使いたい。

ほぼ徹夜で出かけたのに
下野氏と歓談した興奮は夜帰宅しても醒めず
夜更けからはK書店はKちゃんの誘いにまんまと乗って
中目黒の 鳥小屋本店 で焼酎片手に、もつ鍋をつついていました。
醤油味系あっさりで甘みがとろーり。すげー旨い。

そういえば春に連れて行かれた 蟻月 も旨かった。
こっちはニンニクバリバリ豚骨風味。
さっすがKちゃん&ごちそうさまでした。社長もごちそうさま。
奢ってもらいまくりの夜になってしまったー。
[PR]
by rocketwriter | 2006-06-17 12:52 | 旅&さんぽ

ロケ

c0012176_125303.jpg東京~白馬~軽井沢~東京。
前日夕方出発の、翌日深夜戻りという
慌ただしさだったけど
久しぶりにロケらしいロケをした。楽しかった。

ちなみに軽井沢のお店はココです。
ちょっと高いけど、なかなかいい。

料理の取材やインタビューはやっぱり楽しい。
というより、単にクルマ乗り回して
箱根で撮影するだけじゃ、逆にストレスが溜まる自分がいる。
さて、どうしたものか……少し悩むしかないですね。
[PR]
by rocketwriter | 2006-05-31 01:25 | 旅&さんぽ

箱根の高級宿

c0012176_10583750.jpg多いときで週に3回とか箱根へでかける。
景色を愛でるわけでもなく、金魚とか山羊に行って
ひたすらギャーっていう走りを撮影していると
だんだん箱根が嫌いになってくる(汗)。

先週は久しぶりに文化的なロケ。
タレントを起用して、彼女が箱根の高級旅館へ…という趣向。
日帰りでも、やっぱ料理や宿の取材って楽しい。

バリ風という旅館は流石にお洒落してた。
特に風呂のある庭と続きになった洋室などはいい。
でも肝心の料理は……どうなんでしょう?
いい部屋は5万ぐらいするんだが
個人では行かないだろうなぁ…などと思った。
[PR]
by rocketwriter | 2006-02-26 10:58 | 旅&さんぽ

散歩の途中で

c0012176_9155285.jpgふと目にとまったぼろっちいアパート。













c0012176_9165641.jpgはいはい。
[PR]
by rocketwriter | 2005-11-23 09:17 | 旅&さんぽ

小金井公園

c0012176_1311539.jpgそろそろ秋も終わりですなぁ。
このところ素晴らしい天気が続いてる。
これで先週の週末。
忙しくなってあまり行けないのが残念。
[PR]
by rocketwriter | 2005-11-19 13:00 | 旅&さんぽ

京都より男来る

c0012176_230151.jpg東京駅のコインロッカーから築地へ。
クーラーボックス持ってくれば良かった。
ノドグロが結構揚がってる。



外には膨大な量の発泡スチロール。
でもって昼飯は場内の店で食べることに。
有名店では比較的空いていた「高はし」に並ぶ。
20分ほど待ってやっと入れた。


あんこう煮定食(¥2300)&スーパー穴子丼(¥2000)を注文。
期待満々で入って、店の様子見ながらだんだん失望が広がり
料理が出てきてそれは確信に変わった。
不味くはないけど、高すぎでしょ。寿司屋と言い築地はロクな…
このページで絶賛してるけど理解できないかも。

続いて浜離宮をかすめて竹芝桟橋へ徒歩で。
水上バスに乗ってお台場を目指します。
水上バス大好き。舟のカタチもそれぞれ違って楽しめる。



男は撮影に集中。
そして東京国際自転車展へ。




展示しょぼいです、がっかり。あの自転車はありました。
会場でS嬢に会えたので良しとする。

…その後、秋葉原にいたK氏と神田で合流。
怪しい街角へと誘うK氏、探偵みたい。

と、思ったらなんのことはないPRONTに到着。
しばし歓談。今度はちゃんと飯喰いましょう>K様。

中央線に乗って東小金井のGRACEへ。
嫁殿とも合流し、2.5kgの天然ハマチ¥1250とレンコダイ¥450を購入。
夜はまだまだ続いたのであった。
[PR]
by rocketwriter | 2005-11-06 23:32 | 旅&さんぽ

河津 民宿かごや

c0012176_22395312.jpg伊豆は河津の郷土料理、ズガニを取材に行く。
ズガニ漁は産卵のため河津川をカニが下る
10月から解禁になる。
ズガニはモクズガニとも言って、上海蟹の仲間ですね。

天城山の水を集めた河津川が綺麗なこともあって
ここのカニは泥臭さがなく、かわりに濃厚な風味がある。
上海蟹(ほとんどが大豆による養殖)のような
脂っこさとも無縁で、一度食べて欲しい味覚の一つです。
写真はズガニを広めた立役者民宿かごやのご主人。

オススメはなんと言ってもズガニの味噌汁。
殻ごとすり鉢で砕いた後に網で漉して
残ったエキスを味噌で整える野趣溢れるひと品。
料理は10月にならないと無理なので今回は断念したけど
伊豆の郷土料理ではいちばんオイシイと思う。

かわりにご主人が趣味でやっている養蜂を見せてくれた。
今では珍しくなったニホンミツバチによる養蜂。
西洋ミツバチと違って気性が穏やかだから
巣箱に近づいても全く刺される気配がないのは驚いた。
ニホンミツバチは小さな野生の花だけから蜜を吸うらしく
優しい香りのハチミツはまさに絶品でした。
ただし、こちらのハチミツは売り物ではないのでご注意。
[PR]
by rocketwriter | 2005-09-04 22:39 | 旅&さんぽ