<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

キンメ

c0012176_14564345.jpg久しぶりに家メシの話題。
忙しくて週末にしかGRACEに行けなくなった。

最近、ハマりつつあるのがキンメ。
この日は稲取産2500円のキンメを半身にしてもらう。
二人で外食したと思えば、1本でもよかったかな。
社長によるとハラワタを出したときに
腹骨まわりが白っぽいと、脂がたっぷり乗っているんだとか。
なるほどね、じゃ、すごい乗ってますよこれ。

食べ方は背側をふつうの刺身に
腹側は皮を引かずにしゃぶしゃぶに
中落ちと頭は塩して焼くのがお気に入り。
刺身の甘みと透明感も絶妙だが
軽く湯に通して皮目のうま味が引き出されたしゃぶしゃぶがまたね。
[PR]
by rocketwriter | 2006-02-26 14:57 | 魚介道

箱根の高級宿

c0012176_10583750.jpg多いときで週に3回とか箱根へでかける。
景色を愛でるわけでもなく、金魚とか山羊に行って
ひたすらギャーっていう走りを撮影していると
だんだん箱根が嫌いになってくる(汗)。

先週は久しぶりに文化的なロケ。
タレントを起用して、彼女が箱根の高級旅館へ…という趣向。
日帰りでも、やっぱ料理や宿の取材って楽しい。

バリ風という旅館は流石にお洒落してた。
特に風呂のある庭と続きになった洋室などはいい。
でも肝心の料理は……どうなんでしょう?
いい部屋は5万ぐらいするんだが
個人では行かないだろうなぁ…などと思った。
[PR]
by rocketwriter | 2006-02-26 10:58 | 旅&さんぽ

i

c0012176_2151570.jpg早朝6:00、三茶の交差点付近でスタッフを待っていると
チャリに乗ったおっさんがずっとこっちに眼を飛ばす。
「邪魔ですか」「いや、アイ、アイ!」

某鴨川の鮨屋のカウンターに座っていると
常連客は入ってくるなり「アイ駐まってんだけど元さんの?」

埼玉の某大学で撮影していると
おばさん軍団が「何てクルマあれ、カワイイねぇ」

交差点で、擦れ違いざま、駐車しても、とにかく目立つ、話しかけられる。
こんな国産車、久しぶりです。頑張れ三菱。
[PR]
by rocketwriter | 2006-02-21 21:47 | car

ママチャリ

いつもの先見日記で、伊藤ガビンのママチャリ考察が面白いです。

この国はほんとーにインフラを作るのが下手くそで、不便なだけならまだ我慢できるとして
自転車なんてもの凄く危険なことになってないすか、みたいな事かな?

うちの近所にも細い道がいっぱいあって、そこを裏道的にクルマが利用するから
自転車と歩行者は、途切れ途切れに続く、人すら擦れ違えないような歩道を
いかにも申し訳なさそうに通行することになる。
自転車を追い抜いていくドライバーの表情を観察してると
「じゃまなんだよ」「危ないなぁ」みたいな感情がありありだもんね。
化石燃料垂れ流して、個人の移動には無駄な空間を移動させるドライバーが一番、偉いことになっているらしい。

じゃあ自転車道や歩行者道を作ろうっていう根源論みたいな意見もあるかもだけど
現実として日本の道は現在そーなってなくて、予算考えたって難しいかも知れない。
まずはクルマ運転する奴がよく考えろってことなんじゃないかと、そう思ったり。
[PR]
by rocketwriter | 2006-02-19 16:55 | monologue

松島佐勘 松庵

スケジュールを間違えた。しまった…
14日に私用で昼過ぎまで水戸にいることを念頭に
同じ日の夕方からココで取材があるというので
ロケチームのT君に「顔出すよっ」などと言ってしまった。

なんと取材日は今日だった。
手回しの良いT君のこと、サクッと夕食を僕の分も予約してくれたらしい。
でも日曜ですよ、今から仙台に行って、飯のために往復するのは(汗)。
とは言え、宿の主人もノリノリにさせたT君のこと、取材は楽しいに違いない。

運の悪いことにA3スポーツバックが自宅のパーキングに突っ込んである。
これでヒョイッと出かけるのも、と言う気もするし
来週末のロケの準備をしたい、という現実論もあるなあ。
嫁殿も今日は小金井のリストランテに行きたいと仰る。
月曜日が休みなら、自腹でも出かけるのに。
帰りに房総回って、寿司屋に寄るのもいい、なんて妄想だけが回って…

うーむ。
[PR]
by rocketwriter | 2006-02-12 11:07 | monologue

1007とタスカン2

年末からもの凄い新車ラッシュが続いている。

金曜はプジョー1007が新宿の小笠原邸で発表されたほぼ同時刻に
イギリス大使館でTVRタスカン2の発売をオートトレーディングが発表。
1007は変なクルマで、今のから買い換えてもいいと浮気気味。
なにより、あのスライドドアの開閉速度が遅いのがいい(もっと遅くてもいい)
ドア開ける時間ぐらい待ってみろ、みたいな、スローを肯定する雰囲気がある。

TVRは超変なクルマで、今までに乗った中で最もインパクトがある。
工業製品というより工芸品という感じだろうか。
今やフェラーリやロールスにも、手の温もりなんか残ってないもんな。
新しいタスカンはタルガからコンバーチブルになったんだけど
幌なのはリアクオーター部分のみで、トップはやはりデタッチャブルだった。
スピード6の咆哮を久しぶりに聴いて、なんだかホッとした。

南原さんは全然、元気だ。相変わらず感情の起伏を見せず
帰ろうとしたら、せっかく用意したケータリングを全部喰っていけと、淡々と仰る。
おかげで仕事中にもかかわらず、ワインをたらふく飲むことができました。
[PR]
by rocketwriter | 2006-02-11 11:52 | car

ETC

http://carmode-news.carmode.net/article/12534240.html

差し忘れると急停止することになり、追突事故に直結するという
無能なシステムの批判はどこへ行った?
巨額の税金を投入したその間抜け機械のケツを拭くために
また税金を投入するというのが、そんなに前向きな話なんだろーか?
[PR]
by rocketwriter | 2006-02-04 14:14 | car