<   2006年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

おぼえがき

7/16 ケヴォーキアン at Yellow
8/26 マニュエル・ゲッチング at metamorphose

少しクラブモード。行く人、います??
[PR]
by rocketwriter | 2006-06-29 05:25 | music

何をそんなに急いで…

c0012176_153317.jpgという気もするが、ラジカセ、もといCDレシーバーが欲しい。
音楽聴きながら、リビングで本読んだり、魚さばいたり。
というわけで、第一希望、チェックしてきました。
リモコンとか安っぽいし、作りも安っぽいけど
マジに安物だから、そのまんまやんって気も。
音はね、まあ普通。ラジカセだと思うと、かなり良い方。

もっと素晴らしい代案ありましたら、募集します。
[PR]
by rocketwriter | 2006-06-27 01:53 | goods

そらトびタマシイ

c0012176_19294511.jpg五十嵐大介、3冊目を読む。

そらトびタマシイ
6つの短編をまとめたもので
最初の産土などはわずか6Pの作品なのに
驚くほど独創的で、力強い。
そして、そらトびタマシイがすごい。
全6話、まったくダレない。


ところで、amazonで五十嵐大介を検索すると
これ買った人が他にどんな本を買ってるかわかるでしょ。
へえと思って、大庭賢哉のトモネンを買ってみた。
まだ半分読んだだけとはいえ、うーん、どうなんだ?
絶賛のレビューには共感できないかもしれない。

ほかにも、こうの史代の夕凪の街桜の国とか長い道とか
小田ひで次のミヨリの森とかが出てくる。
どうなんでしょう?
[PR]
by rocketwriter | 2006-06-25 19:32 | book

家で飲む

c0012176_23273658.jpgケーニッヒでソーセージとレバーペーストとピクルスを買い
GRACEでイシガキダイとアイナメとイサキを買い
家で飲む。
S様、O様、いつの間にか酔いつぶれて申し訳ない…
翌朝、酒を抜くのに10kmほど歩きましたとさ。


こういう時用にCDレシーバーみたいなのが欲しい。
マランツのCR101か…
a-kenとこでも紹介してたデノンのS-81もイイ感じだけど
SPが別体というのがイメージと違うかも。
[PR]
by rocketwriter | 2006-06-25 17:27 | eat

ageHa

同僚のT&N君と、茅場町で一杯引っかけたあと乗り込んだ。

超、久しぶり。確かウン年前に、maniacloveで
2時間ばかり踊ったあと、あまりのタバコ臭さと空気の悪さに
酸欠状態でダウンしそうになってから
もー歳だと思って自粛していたのだった。

ageHaのメインホールは禁煙ってのがいい。
まじに空気、悪くない。これなら辛くないです。
emmma→大沢伸一で、4時間全開で踊った。すげー楽しい。

高城剛氏のDJってのもあったんだが
そっちは聴きそびれてしまった。またこんど。
[PR]
by rocketwriter | 2006-06-24 07:12 | monologue

酒とつまみ

c0012176_0421544.jpghot-k氏もおすすめの一冊、酒とつまみを遂に買う。
すごいね、なんだか。
ここまで徹底した雑誌は見たことない。
全編下らないとも言え、そうであるが故に
全編が生き生きと、面白いとも言える。

これは知り合いによく聞かされたことなんだけど
編集ってのは捨てること、なんだと思う。
無数に散らばった情報の、どこを取って、どこを捨てるか。
そういう選択がきちっとできていると
読み手にとって、ズガーンと突き抜けた物になる。

ま、そんな事考えて読むより
ビールかホッピー片手に
飲みつ飲まれつ、読んだ方がいいかもね。
[PR]
by rocketwriter | 2006-06-23 00:43 | book

THE 三名様

c0012176_23203087.jpg石原まこちんの「THE 三名様」を買ってみる。

なんじゃこりゃー。どよーん。

モラトリアムの極地なんだが
よく考えると、似たようなシーン
自分もよくやってるような気も…。

いつものファミレスのいつものシートで
いつもの面子という、超のつく限定が
そのモラトリアムに不思議な深みと味わいを与える。
うーむ。漫画も色々あるんですねぇ。
[PR]
by rocketwriter | 2006-06-20 23:02 | book

茅場町 和光

c0012176_816412.jpg「ビールどこですか?」
「そこのカップ取って自分で入れて!」
「えっ、お金は?」
「その中、お釣りは自分で。」

T君が探し出してきた茅場町の焼き貝の店へ。
うなぎの寝床のような店内に
屋台風の焼き台やカウンターが続いている。
ぼろい、汚い、そして混んでる、マジに月曜?

入口近くに陣取った焼き台のそばには
築地で買い付けた貝が
発泡スチロールの箱ごと、無造作に置かれる。
どーやら、入口付近に座れるのが一番の常連
その奥のカウンターが二番の常連
さらに奥のテーブルは一見さん、ということらしい。

様子見と思って2000円の一番安い貝のコースを頼むと
バカ貝、ホタテ、マテ貝、カメノテ、平貝
ムール貝、大アサリ、それにサザエの突き出しが出る。
貝だけで腹一杯になった。

いやはや面白い。また行くです。
[PR]
by rocketwriter | 2006-06-20 08:16 | eat

いつもの場所で

c0012176_22175889.jpg誕生日らしいです。
いつもの店へ。
店名は敢えて伏せます…
興味のある方は過去ログをあさってくだされ。

いつものごとく、悪くないんだが
やはりシェフが変わってから
今ひとつな部分があるなぁ。

前菜のテリーヌ、桜肉は両方とも良かった。
フランス産キノコとツブ貝のリングイネは
ソースに癖があって微妙…
イカスミのタリアテッレも、ネギやニンジンより
ウニとか明太のほうが合うと思う。

魚のメインは悪くない。
ホウボウは皮目がプリプリしてるし
クロムツは蛤とポロネギのソースによく合う。

でもって今のシェフは肉のメインが良いはずなのだが…
鴨肉にレバーソース、地鶏になんちゃら(忘れた)チーズも
どっちも少々味が辛かった。やばいよ。

デザートはチョコとフランボワーズのムースっぽいスポンジに
ビスタチオのジェラート。ジェラートおいしい。

そろそろ別の店、探さないとね。
建物の雰囲気も好きだし、サービスも気持ちいいし
少々残念なのです。
[PR]
by rocketwriter | 2006-06-18 22:18 | eat

そして土曜日も、飲む。

M大講師のM君の個展を観にでかけたあとに
3つ下の学年の卒業生と、新宿で飲む。
あー楽しい。またお会いしましょう。
[PR]
by rocketwriter | 2006-06-18 00:41 | monologue