<   2006年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

き お く り ょ く

もし、一つだけ才能を伸ばしてやると言われたら…
迷うことなく、記憶力という才能を与えて欲しい、そう言おうと
円周率10万桁な原口さんのニュースを見て思う。

英語とか、歴史とか、雑学とか、好きな歌の歌詞とか、PCの操作方法とか
見たこと、聞いたこと、読んだこと、調べたこと、ヘエッって思ったこと
ぜんぶ覚えてたら、さぞかし凄いコトが言えたり、できたりしそうな気がするぜ。

そしてもちろん、ファミレスのテーブルの上やら電車の中やらに
ふと置いたケータイや財布の存在まであっさり忘れてしまう
なんて自分的には日常茶飯事なことが、もー二度と、ないようにね。
ケータイにネックストラップなんか、付けられたりしないようにね。
[PR]
by rocketwriter | 2006-10-31 23:47 | monologue

ulrich schnauss / far away trains passing by

c0012176_123378.jpg食べ過ぎて、眠れない夜は
ulrich schnauss の1stアルバム
ヒット作となった2ndより
静かで抑制され、バックグラウンド的というか
自然の映像とかが合いそう…なんて安っぽい表現?

五十嵐大介の魔女を読みながら聴く。すごーくハマる。
特に3曲目の Blumenwiese Neben Autobahn が美しい。
[PR]
by rocketwriter | 2006-10-29 01:22 | music

鯖とクロムツと…

c0012176_043725.jpg土曜は喰う。
例によって三鷹の酒屋でワイン。
イタリアはヴォルピのシャルドネ ヴェネト オーガニック、700円ぐらい。
軽いけど、まろやかでフルーティー、適度に酸味もあり、飲みやすい。
しめ鯖とかにも良く合って、また買いたいな、などと思うのだった。

他にも…
シャトー・サーブル・ペイトロー 2004
フランス産、ソーヴィニヨン・ブラン、700円弱。
カスターニョ ヘクラ 2003
モナストレル種、スペイン産で700円ぐらい
おお…パーカーポイントまでw。
さらにフルーツの赤ワイン漬け用に買ったのが
オーカ ピノ・タージュ 2003
南アフリカ産、これに至っては400円ぐらい。

しかしこの店は妙に安くないか?
話を聞いていても、安く買えたから購入してみたとか
以前から気になっていたのだが今回うまく買い占められたとか
なんだか話が、エコノミーな方面にもマニアックなのだった。

GRACEではイチオシのクロムツ1000円をゲットして
こっちはアクアパッツァにしてみる。
もう一つは、1800円の三浦産超高級ものと290円の
鯖を迷った挙げ句、290円を購入して、しめ鯖にする。
きのこご飯やら、しめ鯖の残りのアラの塩焼きなんかも食べまくり
なんだかお腹いっぱいな感じになってます。
[PR]
by rocketwriter | 2006-10-29 00:04 | 魚介道

大竹伸朗/全景

東京都現代美術館、大竹伸朗「全景」。

入場チケットを買って、エスカレーターで三階に上がって
最初に入ったフロアの、最初の展示で、頭が飛ぶ。

あとは、夢のような、めくるめくような、瞬くような、叩きつけるような
線やら色やらカタチやら閃光やらを、ぼう然と追っかけて、ひたすら疲れた。
それでもときどき、彼の気みたいなのが飛び込んでくると
そのたびにいっぱいになって、涙と鼻水が出る。

実はあんまり大竹伸朗を知らない。
たまに見かけて凄いなと思ってたぐらいで
なんとなく日本最高の画家かなとか、形式上片づけていたところがある。

でもその日、そんなのはもう、どうでも良くなって
所狭しと張りまくられた無数の額やら彫刻やらが
美術館のちっぽけな壁と空間を完全にぶっ壊して
濁流のような彼のエネルギーとともに、轟音という名の無音を発しながら
目の前で震えている、その力と速度とまっすぐさに、馬鹿みたいに驚いた。
[PR]
by rocketwriter | 2006-10-22 17:05 | art

ヤマナシ

c0012176_1641368.jpg日曜、山梨へドライブ。先週の話だけど。

遅い時間に出発したものの、混雑もなく
山梨ワイン醸造へ到着。
葡萄を搾る話・コルクの話・発酵の話を聞いた。
国産ワインが水っぽいという話があったけど
しばらく洋ものワインを飲んでいたせいもあってか
なるほどね、などと妙に納得してしまう。
甘めのアジロンは良いのだけれど…。

ワインをゲットして、次は恵林寺に近い
機山(きざん)洋酒
さすがに超人気ワイナリーとあって
全てのヴィンテージが売り切れている。
唯一残る、地元向け用の白ワインを購入。
地元向けワインは一升瓶入りなのだ。

ここから牧丘町をかすめてクリスタルラインへ。
いつもの藤原庵で、きのこ料理を味わう。

夕方はもう一度クリスタルラインを戻る。
塩山駅に近い甲斐ワイナリーは母屋の雰囲気がいい。
同じ白でもヴィンテージと新酒だと
だいぶ味と香りに差がある、なんて話をする。

その夜はほったらかし温泉
…がラストのはずだったのだが
自宅近くで急ブレーキ踏んで
甲斐ワイナリーの白を割ってしまった。
嫁さん激怒で、一日が終わりましたとさ。
[PR]
by rocketwriter | 2006-10-22 16:04 | 旅&さんぽ

イナダ400円

c0012176_059557.jpg更新滞る、とりあえず、土曜日。

夕方はGRACEで400円のイナダ。
イナダはブリの子供ですね。
40cm弱ぐらい、社長イチオシ、安いよ。
まずは刺身で、脂が乗ってて旨い。
アラの煮つけも旨い。しつこいけど、安くね?
ワインはリースリングのドイツワイン(2000円ちょい)。
酸味があって、刺身なんかにもよく合う。
そして、こないだ買い込んだ、アランスコット(600円台)。
これが馬鹿に出来ない。また買いに行くべし。
そしてチーズも。ハチミツかけて、赤ワインでグビグビ。
赤ワインはペインターブリッジの残りを。
なんだか、妙にワインづいてるのがへーん…

そして翌日は、山梨へワイン狩りに出かけるのだった。
[PR]
by rocketwriter | 2006-10-18 00:59 | 魚介道

だらだらと生きる

c0012176_0454113.jpgこっこさんと長い道と魔女とリトルフォレストが届いたので
マンガ読みながら、ワイン飲み。

GRACEで小さなメジマグロを1本買い
刺身をつまみに飲む。
そうそう、イタリア展で買った
ゴルゴンゾーラとパルミジャーノもつまむ。
試食した5000円也のパルミジャーノの塊は
高くてでかくて手が出なかったけど、
さらに甘みがあって、深い味わいだった。

ワインはイタリア展の高額モノはパスして
いつもの三鷹で1000円以下を3本購入。
まずはスペインはNOSTRADAのガルナッチャ、700円ぐらい。
ガルナッチャは黒葡萄で、グルナッシュのことだそうな。
果実味豊かで癖が無く、軽いけどおいしい。

さっさと飲みきったので、お馴染みの
ペインターブリッジ・ジンファンデル980円に突入。
Sどのはあまりうまくなかったというのだが…
でもおいひい。酸味のあとに、甘みや香りがくる。
三鷹の酒屋には今後入らないらしい、残念。

最後の一本は手を付けず。
アラン・スコット、600円台。
ニュージーランドでソーヴィニヨン・ブラン。
ネットの評判は期待できそう。

それにしても、3連休なにしてたって感じ。
すごい気持ちのいい天気だったのに
酔っぱらってふらふらしただけのような…
そろそろリセットが必要な、気がしないでもない。
久しぶりに魔女を呼んで、涙が出た。
[PR]
by rocketwriter | 2006-10-10 00:45 | eat

ウリアッシ

夜が早くなり、PM6:00には真っ暗で、涼しいぞ。
めっきり秋な土曜の夜は、新宿伊勢丹のイタリア展に出店中の
リストランテ・ウリアッシで夕食。
アドリア海に面して立つ星付きリストランテらしい。
ニョッキとリングイネ、どっちもイケてるよ。
ワインの試飲などしつつ、行きがけの駄賃に酔っぱらえるのも良い。

三連休、ソナーは諦めつつあるのだが
例えば日曜のYellowがケヴォーキアン。
翌週の金曜はもっと凄くて
ageHaがダニー・テナグリア
WOMBがジェフ・ミルズ
Yellowがルイ・ヴェガ つー感じです。
[PR]
by rocketwriter | 2006-10-08 01:00 | eat

六本木の夜空に

TBにつき合って三丁目は呑者家。
なんだかなー、大人しくしようと、今週は思ったのにね。
でも週末もメシも抜きでパリをかけずり回ったTBに
時差ボケ顔で、軽く行きますか、なんて言われた日には嬉しくなって…

くるまの話を、した。酒井さんと先週したばっかりだけど。
熱いなー、すごいよみんな。くるま、好きなんだね。
ビシビシ伝わってきて、嬉しくもあり、でも少し、たじろいだ。

その月曜は六本木ヒルズでオロチが発表になって
酔っぱらいの演説みたいな光岡進会長もかわいかったけど
デザイナーの青木君の堂々とした挨拶がかっこよくて
「小さなメーカーが大きな夢をかなえた」っていう台詞で
涙がじゅわーって出た。水戸黄門の45分目って感じで。

くっさい事を、がっかりされるかもしれないのに
他と比べられちゃうかもしれないのに
必死の形相で、脇目もふらずに、やってる人たちがいる。
事前撮影会で会って以来の青木君に、おめでとうって言ったら
すごい誇らしそうに、でもすでに遠くの人って感じで、笑ってくれた。

六本木ヒルズの摩天楼に縁取られた
霧のような針のような雨の降る、暗い曇り空を
くるま好きのわーって言う雄叫びが突き抜けたようで
なんだか熱くなって、カッカして、TBと飲むしか、なかったような。
[PR]
by rocketwriter | 2006-10-03 02:13 | monologue

星の巡礼/パウロ・コエーリョ

c0012176_0355412.jpgパウロ・コエーリョの星の巡礼、読み終わり。
ジミヘン聴きつつ、ビール飲みつつ、真夜中の感想書き。

訳が良いのか、原作がもともと良いのか
キリスト教的で、スピリチュアルな異世界の話が
不思議と読みやすく、リアリティも感じた。
そっかー、そんな世界もありますね、のぞき見気分だけど。
でもどーやって自分の中におさめれば良いのかは不明。
ヒット作と言われるアルケミスト、読むべきか…
[PR]
by rocketwriter | 2006-10-02 00:36 | book