<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

引っぱリンガー

c0012176_13354048.jpg洗濯ハンガーが届く。
その名も「引っぱリンガー」。

我が家では10年以上前から活躍中で
割れたり欠けたりがひどくなり、もうひとつ追加することにしたのだ。

それにしても凄い名前。
ハサミの先端が回転コマになっていて
引っ張って取っても、服が傷まないという意味なのだが
「ヒッパリンガー」とか「引っ張りんがー」とか「ひっぱりんがー」なら
まだネットの検索でヒットしそうなのに
最初が漢字と平仮名で「引っぱ」、次がカタカナで「リンガー」だと
聞いただけではきちんと変換できず、検索不可能だったりする。
どうも「スーパーはぼき」と同じところが作っているらしい。
そう言えば昭和な香りがどよーんと広がって
洗濯ばさみなんか、スズメが向かい合ってるデザインだ。

そんなわけで形は、単体でみると、おどろおどろしい。
フレームが太くて無骨で、あまり見栄は宜しくない。
ただ、茶色とアイボリーの組み合わせで、ベランダに置くと
水色とかの洗濯用品よりは、ずっと馴染んで見える。
アマゾンブルーという恐ろしいバージョンもあるので要注意!

4000円近くするのに、わざわざネットで探してまで買うのは…
・洗濯ばさみが44個もついていて、実に使いやすい。
・無骨なフレームは上にセーターなどを干せるようになっている。
・かぎ状のアームでで両側からガッシリ物干しをつかむから
 強風でも飛ばされたりする心配がない。
・アームは片方でも機能するので、二つ折りの状態でも使える。
…と、実際に使ってみると、なかなかに便利なのだ。
各部の作りがしっかりで、ストレスなく使えるというのもいい。

強化剤入りなので20年間はお使い下さい、の環境商品だそううだが
実際には紫外線や温度差で傷むので、寿命は10年ぐらいか。
解説書に「地球環境へのご協力に心から感謝いたします。…」とかあって
なんだか勘違いな気もするのだが、「永があ~く使うための商品←by解説書」らしいw

北欧モダンなお宅などにはあってはならなそーな洗濯ハンガー
あたなのご家庭にもおひとついかが?
[PR]
by rocketwriter | 2007-06-23 13:35 | goods

デジカメ

デジカメがぶっこわれかけている…
IXY のほうはファンクションキーがおかしい。
あとは小さなネジが2つほど無くなった。
でもまあ、まだ使える、大丈夫。

やばいのはD100のほう。
ここ最近で言うと、撮影画像のRGBのうち、二色ほど足りないことがある。
真っ青とか、真っ赤の画面になる。CCDか、CPUの画像演算か…
大幅なアンダーにもなる。こっちは受光素子がおかしいか。
そして、モードセレクターダイヤルが接触不良を起こしている。
さらに、AFが妙に外す。特にコンティニュアスAFが馬鹿すぎ。
それと、流し撮りなどをしたときに、画像のゴミが凄い。
CCD上のゴミなのか、レンズのゴミなのか、いまいち不明。
空などプレーンな対象を写しても、カメラ固定なら問題ないのが不思議だ。

まあ、すでに5万回ぐらいはシャッター切ったと思うので
プラスチックなカメラとしてはほぼ寿命かなという気はする。
でもなあ、もうカメラでお金稼いでるわけじゃないしなあ。
かといって、修理してまた元気になるというほど
最近のプラスチックカメラは耐久性が無いというか、逆に高そう。

で、気の迷いでD200を真剣に検討してみる。モノとして良いのはわかってる。
・もうプロじゃない、カメラはご飯を食べさせてくれない。
・会社のために買うことになるのはアホらしい。
・もともと一眼レフで作品を作る気がない以上、仕事以外には使わなそう。
・発売して2年以上、そろそろ後継機の噂が…
という強力な理由から、利口な買い物とは言えない。

それはわかっているんだが、なんかカメラ握ってると安心するのも事実。
新しいのはAFもすごいんだろーな。
ファインダーなんか見やすいんだろーな。
もしも仕事の撮影中に壊れたら、どーすんだろう…
何て思うと、妙に欲しくなったりするのは、下らない仕事写真でも手が満足するからか?
(あ、三つ目のなんて、カメラマンに撮ってもらえばいいだけでしたね。)

D300とやらが出るまで、大人しく様子見ができるのだろうか??
[PR]
by rocketwriter | 2007-06-21 00:44 | goods

梅酒

c0012176_0105294.jpg先々週だか、小金井のはけの道を散歩したときに
なんとも爽やかな梅の香りがして
その帰り道、GRACEで梅を発見して、買ったのだった。

忘れてたっ。
あわてて梅を引っ張り出す。
ついでに小梅も買ってくる。

冷蔵庫に眠っていた梅は少々傷んでいて
駄目なのを取り除くとだいぶん少ないのだ。
がくを取り除いて、水に漬けてあく抜き。
小梅も同じようにあく抜き。

作業の合間に、遙か昔に漬けた梅酒を引っ張り出す。
ホワイトリカーで普通に漬けたとはいえ11年物。
久しぶりに味わうととんでもなく美味しくなってる。
梅もほどよく柔らかくてなんとも言えない。
時間って凄い。

今回は日本酒で小梅を、焼酎で普通の梅を漬けることにする。
紙パックの安いのでいいんだが、なぜにそんな酒を…
普通の梅のほうは、霧島の紙パック焼酎を入れてみる。
日本酒×小梅のほうは、秋には飲めるという話もあるのだが
さてどうでしょう。お楽しみ。

傷んだ梅はジャムになった。
これがまた、酸味が絶妙で、朝のトーストが楽しみだ。

やまぶどうとか、枇杷とかも漬けてみたい今日この頃です。
[PR]
by rocketwriter | 2007-06-18 00:11 | eat

シフトワイヤー交換

c0012176_225181.jpgBD-1 メンテ。
少しずつ、牛歩でいじるのだ。

最初はシフトワイヤーを交換する。
KLARK'S のテフロンインナーワイヤーと
ごく普通のアウターケーブルを組み合わせる。
ワイヤーカッターも実家から引き上げてきた。

早速、BD-1 のアウターの長さに合わせて
ワイヤーカッターでアウターをブツブツと切る。
切断面は金属ヤスリでゴリゴリとやすって滑らかにする。
樹脂製のアウターキャップを被せ
いちおう粘度高めのオイルを注入して
インナーワイヤーを通していく。

BD-1 はリアサスのチェーンステイ部分に
ワイヤーが内臓の部分があって
ここが微妙に通しにくい以外は、特に難しい部分はなし。

が、LXのシフターから、ワイヤーを引っこ抜く方法がわからず
マニュアルも引っ越しで捨ててしまったので少々焦る。
シマノのサイトには現行型LXのマニュアルしか
置いていないようなのだが、モデルライフが2年程度と思うと
3世代程度のマニュアルはDLできるようにしてほしいぞ。

で、現行モデルの解説を見ていたら
プラスネジの蓋があるとあり
これが旧モデルにも当てはまったので謎は解けた。

すべて取り回してワイヤーを固定した後に
上の写真のごとく、リアディレーラーのアウター受けで
いままでのアウターはグキッと折れていたのを思い出した。
もう少し、アウターを長めに取り回すか
変速バナナみたいなのを噛ませるんだったかなぁ…

まだ調整はしていないのだが
カチャカチャとシフトを繰り返した感じは
さすがテフロンというか、滑らかスムーズな印象。

次回はチェーン交換とリアディレーラー回りをメンテするです。
[PR]
by rocketwriter | 2007-06-13 02:25 | 自転車

はけの道、オーブン・ミトン

c0012176_194066.jpg多摩川がつくり出した河岸段丘は
低い方が「立川段丘」、高い方が「武蔵野台地」。
そして、ふたつの台地の境目を
「国分寺崖線(がいせん)」と呼ぶそうな。
小金井あたりでは中央線のちょっと南を走る「国分寺崖線」は
国分寺~小金井~三鷹~調布~世田谷とのびて
深大寺や等々力渓谷などの銘水スポットや
東京にわずかに残されたホタルの発生地が点在している。
多摩ではこの崖線のことを「はけ」「まま」と呼び
そのひとつが、小金井の「はけの道」なんですね。

その「はけの道」沿いにある
「小金井市はけの森美術館」の一角に
昨年秋にオープンしたのが「オーブン・ミトン」。

dancyu の冬の京都特集の
すみっこのページに出ていたのを見たのがきっかけ。
自転車なら田無の自宅から30分もかからないから
散歩にはもってこいの距離なのであった。
なんでもカリスマなパティシエの
小嶋ルミ さんという方の店らしい。

良かったので2週連続で行ってみる。
正直に言うと、さらに前の週は休業日であった…
ランチのスコーンもキッシュも美味しいけど
やはり「ミトンズシュークリーム、263円」がおすすめ。
写真はでかそーに写ったけど、実物はとても小さいです。

東屋のような雰囲気もいいし、東小金井に来たらぜひ。
駐車スペースはわずかなので、自転車か歩きでどうぞ。
難点は多少、混むこと。午前中に訪れるのが吉かも。

はけの道の散歩も楽しくて
野川公園でのんびりするもよし
キウイの農園があるかと思えば
妙に古い小金井神社が現れたり…
住宅の間を流れる小川にはタニシが群れたり
小金井の田舎ぶりがなんだか素敵なのだ。

そうそう、小嶋ルミ 著のも買ってみる。
レシピは丁寧な感じで、これもいいかも。
[PR]
by rocketwriter | 2007-06-03 01:09 | eat

自転車修理

c0012176_0424311.jpg会社の入っているオフィスビルには大きな自転車屋さんもあって
ランチがてら、細々したものを買えるのは、良いのか悪いのか…

少しずつ、BD-1を整備することにした。
0 先週中に、千切れたグリップは新品に交換済み。
  古いのをカッターで取り外し、ヘアスプレー吹いて新品を押し込む。
1 折れた変速用のアウターワイヤーも交換したい。
  この際、インナーワイヤーも交換するつもりで
  テフロン加工されたインナーやワイヤーエンドニップルも購入済み。
2 錆びたチェーンは元にはもどらない。
  恥ずかしいのでこちらも交換に踏み切るつもり。
  アルテグラ/XTコンパチの9速用HGを購入。
  合わせて、樹脂の握りが付いたチェーンカッターも購入。
3 ペダルのSPD化も検討する。DXもどきのPD-M424がいいかな?

その後、ブレーキワイヤ交換、リアスプロケット交換
チェーンホイールの多段化とフロントディレイラー装着などと進んでみたい。

で、こーなると必要なのが工具。
まずは実家にある工具を引き上げてこないと、ワイヤー切断もままならない。
ワイヤー組むときに、テフロン仕様だと、グリスは要らないのかしら??
ペダルレンチのでかいのや、スプロケット回しや、整備スタンドも欲しいなー。
パークツールやホーザンやミノウラが気になる今日この頃。
[PR]
by rocketwriter | 2007-06-02 00:43 | 自転車