<   2007年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

曇り、のち夕立、のち晴れ、のち夕立

c0012176_23584187.jpg日曜、午後は夕立、のち晴れ、参議院選挙。

スーパーで男前豆腐と鰻の蒲焼きを買って帰ると
すっかり暮れた空から大粒の雨が落ちてきて、遠雷が響く。
扇風機をとめて、窓を開けて、床にごろり。
ひんやりした風が通って、猫じゃなくても気持ちいい。
ピカとゴロの間合いが、遠ざかったり近づいたり。

選挙速報を見ながら豆腐を突いていると
京都からクール便が届いた。
中を明けたら豆腐がぎっしり、今日は大漁だ。
こっちは、京豆腐のとようけ屋 という所の品らしい。
早速、汲み湯葉などをいただく。

ブログでお礼言うのもなんだけど、ごちそうさま。
まだまだ一杯あるので、早めに食べちゃいますね。
この夏、東京に来ることがあれば
鮨にでも挑戦して、豪華にもてなすことにします。
[PR]
by rocketwriter | 2007-07-29 23:58 | eat

パスタ三品

c0012176_21342847.jpgデュラムセモリナ粉でパスタを作る。
レシピは米沢亜衣。

セモリナ粉200gに卵2個。
これで4皿分のパスタができる。
水は入れずにこねる。
卵と混ぜるところからだと、だいたい10分こねる。
しっとり生地に艶が出たら、30分以上寝かせ
生地をのばしていく。
この時、打ち粉(ふつうの強力粉)をケチらず
ドサドサ振りかけると、くっつかずにすむ。
あとは一方方向にくるくるおりたたんで
包丁で好みの幅で切ればいい。
今回は幅1cm以上の幅広麺で、薄さも0.8mm程度にする。


ブルーチーズのクリームソースと
作りたてバジルペーストと
オリーブオイルのみのパスタの三品。

ラストのオイルのパスタは
麺の打ち方が良かったのでいちばん美味しい。
パルミジャーノをたっぷりすりおろす。

バジルペーストはベランダのバジルと
クルミと松の実とニンニクとオリーブオイル。
作りたては鮮やかなグリーンがきれいだ。

パスタは幅広かつ薄くしたのだが
これがソースに絡んでかなり良かった。
デュラムセモリナ粉も、普通の小麦粉より
味が深いというか、パスタらしい風味が濃厚だ。
いよいよパスタマシーンが欲しくなってきた。
[PR]
by rocketwriter | 2007-07-16 21:37 | eat

チェーン交換 後編

台風も去ったことだし、交換の続き。
交換するのはアルテグラの9スピード用、CN-HG93。

c0012176_17363021.jpg

上が古いチェーン、下が新しいチェーン。
同じCN-HG93なのだが…古い方はオイルで色が黄色っぽい。
ちなみにBD-1のリンク数は114で、購入したチェーンのリンク数も114。
詰める必要がないのでラッキーとも言えるが、危ない危ない、意外に長い。
右下にある細長いピンが、チェーンをコネクトする時のアンプル。

c0012176_1754171.jpg

チェーンを元通りに通して、アンプルを挿入する。
この時、リアディレーラーのガイドプレートにきちんとチェーンを入れておかないと
チェーンをつないだ後で、ガイドプレートをバラすはめになる。
シマノのアンプルピンは、チェーンを引っ張りながらコネクトする必要がなくて便利。

c0012176_1743468.jpg

チェーンカッターでアンプルを押し込んでいく。左右均等にピンがはみ出すようにする。

c0012176_17443327.jpg

アンプルピンを押し込んで、チェーンカッターを外した状態。

c0012176_17455131.jpg

ここまで来たら、はみ出した先端部分をペンチなどで根本からボキリと折りとる。
最後にチェーンを上下左右によくもみほぐして馴染ませる。

この状態でリアディレーラーを操作したところ
なぜかトップギアに入らない症状が起きる。
リアディレーラーやワイヤーはいじっていないのだが…
結局、ガイドプレートのトップ側アジャストボルトを外側へ出すことで解決。
フリーを組み直すと、微妙にスプロケットの位置がずれるのだろうか?
それとも、リヤディレーラーのガイドプーリーの位置がずれたのだろうか??

次回はブレーキワイヤーの交換をするです。
[PR]
by rocketwriter | 2007-07-16 17:52 | 自転車

でかくなれー

c0012176_1221346.jpg東側ベランダのゴーヤーさん。
150円ぐらいの鉢植えを買ったら
あれよあれよと言う間に弦がのびて
花も咲いて、ミニゴーヤーができている。
今、大きいので5cmぐらい。
土の量が決め手らしい。プランターを
もう少し大きいのにすれば良かったかな?
[PR]
by rocketwriter | 2007-07-15 12:21 | monologue

冷や汁

c0012176_23405321.jpg金曜は九州地方の海が荒れて
週末のGRACEは魚が無い。
しかも日曜だ。仙崎産の小さなイサキと
サク取りしたカツオを買って帰る。

カツオで思い出した、冷や汁ですよ。
ネットでレシピを探すと、ありましたよ。
イメージと違ったんだけど、まいっか。

そのレシピによると、アジの干物まで入っている。
そんなモノは無いので
刺身にした後のイサキの中骨と
頭を焼いて、干物の代わりとする。

大さじ三杯の白ごまを軽く煎って
すり鉢で潰して、そこに合わせ味噌を混ぜる。
焼いたイサキもほぐして小骨を取り除き
味噌に合わせてざっくり混ぜる。

カツオ出汁を作り、冷やしておく。

キュウリはスライス状に切って
塩もみして水洗いしておく。
ミョウガも薄く切る。レシピは1個だけど、4個使う。
大葉は刺身用の残りが3枚。針状に切る。
豆腐はキッチンペーパーで水を切る。

味噌と出汁を少しずつ混ぜていく。
出汁は2人分でカップ2杯。
混ざったら、キュウリを加える。
豆腐も手でくずして加える。
おろし生姜も半かけ加える。
冷蔵庫で冷やす。

じゅうぶんに冷えたら
ミョウガと大葉を盛りつけて完成。
[PR]
by rocketwriter | 2007-07-08 23:41 | 魚介道

チェーン交換 前編

けっこう錆びてる。
c0012176_2123861.jpg


c0012176_2131613.jpg

リンクピンを抜いてチェーンを外す。

c0012176_214588.jpg

リアディレーラーの汚れも取る。
ガイドプレートとガイドプーリーを外す。
2つのプーリーは構造が異なるみたい。
フリーに近い上側は、ステンのブッシュの外側にも、
メタルのインサートが入っている。

c0012176_2164459.jpg

ブレーキクリーナーで脱脂したら
元通りグリスアップして組み上げる。

c0012176_2175381.jpg

リアホイールを外して、
クイックシャフトを引き抜いておく。
今回はハブベアリングのOHは行わない。

c0012176_218473.jpg

スプロケット回しとロックリング回しをセット。
ロックリング回しにモンキーレンチを噛ませ
普通に半時計回しにするとロックリングがゆるむ。
そこそこトルクがかかるので
ホイールを立てて回したらスピンアウトしそうになった。
水平に寝かせて重力を利用したほうが良さそう。

c0012176_21104461.jpg

ロックリングを外した状態。
1stギアと2ndギアのスプロケットは
スプラインにはまっているだけ。普通に引き抜く。
ちなみにベアリングと玉押しの調整も
この状態にしないとハブスパナが届かない。

c0012176_21115650.jpg

3rd-9thギアは3本のピンで一体化されている。
そのまま抜くと一体で抜けるが…
今回はピンを外してさらにバラバラにする。
1.5mmの六角レンチでピンを外す。

c0012176_21141061.jpg

ピンを外すと、スプロケット→スペーサー→スプロケット…
の順番で外れていく。
HGタイプのスプロケットはギア歯の形状が
一枚一枚異なるのだが…
フリーボディのスプラインの幅に大小があって
決められた一点の角度でしか入らないようになっている。
なので、位置決めの角度を覚える必要はなし。

c0012176_21194100.jpg

外した歯。右下がロックリング。
ロックリングには薄いシムが当ててある。
9th-7thのロー側スプロケットは材質が異なるのか
少々錆が浮いている。
逆にトップ側はピカピカ。

c0012176_2120419.jpg

洗浄して元通り組み上げる。
バラした時はグリスがかかっていない感じだったが
いちおう、スプラインとロックリングには
薄くグリスを塗っておくことにする。

ここで暗くなったので、チェーンの組み付けは後日。
[PR]
by rocketwriter | 2007-07-08 21:23 | 自転車

パウンドケーキ2種

c0012176_05561.jpgパウンドケーキつくたよ。
ママレードと梅ジャム。
[PR]
by rocketwriter | 2007-07-02 00:00 | eat

アコウダイと旬

c0012176_1462661.jpg久しぶりのアコウダイ。
けっこうな大きさ、ふつうなら5000円台後半が
3000円を切っているとなれば買うしかない。

大いに期待して三枚に下ろすと
微妙に身があっさりしているような。

刺身で食べる。うーん、あっさりというか…
皮目を炙って、マスタードをつけても
いつものあの旨味と甘みが来ない、コクがない。
アコウダイの旬は冬から春、脂がのっていないのだった。
はじめて、それほどでもないアコウダイを味わった。
この時期ならキンメのほうが当たり外れが無いのだな。

頭の部分は煮付けにして、こっちは美味しい。
煮つけは最近、本のレシピより薄味にしていたのだが
しっかり濃い目の味付けのほうが合うかもしれないと思う。
次回はレシピ通り、もう少し砂糖と醤油を多目で試そっと。

翌日、半身は別の作戦で行く。
オリーブオイルを引いてポワレして
残ったオイルにニンニクやらエシャロットを加えて
レモンと日本酒(白ワインが無いからだけど)と砂糖で味付け
バターとローズマリーとフェンネルで仕上げてソースにする。

こっちはけっこう美味しい。塩は多目で大丈夫っぽい。
あっさりした魚の時は、こうするのがいいかな。。
[PR]
by rocketwriter | 2007-07-01 14:06 | 魚介道