<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

東京モーターショー雑感

東京モーターショーが始まって、プレスデイはそれなりに忙しくなる。
会場では色んな人に会って、色んな評価を聞いた。

輸入車が来ない、規模が小さい
ワールドプレミアがほとんどない、楽しさがない
自工会が談合してショーのコスト削減が目立ったなどなど
色々とツッコミ所の多いショーになってしまったのは確かだ。
まあ、でも今回、それは百歩譲ってもいいかなと思う。

それより、次世代に対するビジョンの少なさはどうか?

石油価格は2013年、遅くとも2015年には急騰すると言われる。
ただでさえピークオイルを過ぎて石油は急速に採れなくなっている。
そこへ来て、中国やインドのモータリゼーションはこれからだ。
その後にはアフリカだって続くだろう。
バレル数百円の時代がそこまで来ている。
そう遠くない先に、石油がとても貴重なものになったとき
それは暖房とか煮炊きとか、樹脂製品とか、医療とか、そういう物に
選択的に使ってほしいでしょう?

C02問題も待ったなしだ。
平均気温があと1度と少し上昇すると、地球温暖化は暴走を始める。
その先には、農作物や森林資源や水産資源の危機や、
激化する台風や竜巻による気象被害や、伝染病被害などが懸念されている。
例えばリッター20kmも走るエコカーは、でもたった1km走るだけで
CO2を120gも排出する。10km走れば1.2kg。
手に持ったらズシリと重いだけの二酸化炭素が
たかだか隣町を往復するだけのドライブでばらまかれる。
欧州では2020年までに1台あたりの平均排出量を95g/kmとする法律を整備中だ。
鳩山政権も日本の温室効果ガス削減目標25%削減を打ち出した。
それが政治として不用意だったかどうかは別にして、炭酸ガスは今も蓄積し続ける。

20世紀は自動車の世紀だった。
内燃機関が発明されて、ほぼ時を同じくして油田が世界中で掘り当てられ
タダみたいに湧き出す石油をひたすら消費して、C02をばらまいて
先進国は文字通り、エンジンによって加速した。
そしてたった100年で、人類は石油をほぼ、使い切ったということになる。

21世紀のパラダイムシフトは
多分、テクノロジーがなんでも解決してくれるわけではないという
当たり前の事実を、もう一度突きつけられることから始まるんじゃないかな?
便利だから、ラクだから、楽しいから、個人の権利だから、お金を払っているから
目の前の問題を見なくていいというのは、当たり前だけど勘違いだったわけで。

そして、この先クルマは多分、単なるモノ作りの妙だけでは切り抜けていけない。
パワートレーンの未来図を幾重にも描き
国家ぐるみでエネルギーや資源ウォーズに勝ち残らなけらば
生産すらもままならない。
日本は少なくとも、資源ウォーズではすでに負けている。
頼みの電池技術も、中国やアメリカに先を越される可能性大だ。
そして何より、次世代に地球を残すためのデザインに欠けているように見える。

クルマがつまらなくなったのはなぜか? 若者に人気がなくなったのはなぜか?
多くの評論家やメディアによれば、面白いクルマがなくなったからだと言う。
でもそれは、ずいぶん20世紀的な発想ではないかと思う。
このまま今のクルマで走ってたら、未来が不安なんですよ、
そんな不安なモノに共感はできませんよ、そういうことじゃないかと。
彼らの世代にはさらに切実になる問題を先送りにして、楽しさとか、プレミアムとか
なんだかずいぶん表面的なことを真顔で論議する我々世代が
単純にバカっぽく見えている、それだけのことだったりするんじゃないか。

できるなら国産メーカーに、この待ったなしな危機感を見せてほしかったな。
こういうクルマなら、この先にも未来がありますよっていうようなビジョン。
もしかしたら、ユーザー側の考え方だって変えなければいけないわけでしょう?
そういうクルマの今と未来を、メーカーがそれぞれキチンと見せることができていれば
お父さんもこどもと未来の話がポジティブにできたじゃない。
別に輸入車がなくたって、ワールドプレミアがなくたって、
アニメに出てくるような絵に描いた餅みたいなコンセプトカーがなくたっていい。
V10とか86復活とか言ってる場合じゃなかったと思うよ。

次回ももし、東京MSが開催されるのなら
未来を真剣に考えたくなるような、もうすこし知的な展示をお願いします。
[PR]
by rocketwriter | 2009-10-26 00:24 | car

世界は分けてもわからない

c0012176_2340192.jpg世界は分けても分からない 著:福岡 伸一

だいぶ前に「生物と無生物のあいだ」を読んで感動して
久しぶりに同じ作者の新作を手に取ってみた。

色々面白いけど、特に、視線についての考察が記憶に残った。
視線ってなんだろうって、クリアに解説されるとは思わなかった。
もちろん、哲学的な意味じゃなくて、物理的な視線ですよ。
目から光が出てるんだ、線だし。でもどうやって?

あまりに面白くて、でも記憶力が悪いから
読み終わったのにもう一度、最初から読み直している。

福岡さんの本は、レビューを見ると好き嫌いが分かれるようだ。
もしかすると、分子生物学を専門にするような人々には
物足りないと言うことなのかな?

でも僕は好きだ。そこに小説のような、というよりそれ以上の
ファンタジーと創造的なプロットをしばしば感じてしまう。
[PR]
by rocketwriter | 2009-10-16 23:41 | book

最近よく作るもの

c0012176_06623.jpgキノコのリゾットと、香菜とささみのサラダを良く作るような。

・サラダ(けっこう大量)
鶏ささみ100g強に酒大さじ1/2と塩コショウを少々で10分置く。
香菜一束は3cm、万能ネギ半束は4cmに刻む。
ザーサイは20分ほど塩抜きして、みじん切りで大さじ1強。
梅干し2個は種を抜いてまな板の上で叩いておく。
甘塩風の梅干しのほうが美味しい。

ラップをかけレンジでささみを2分~3分。
冷めらたささみを繊維にそって縦にさくようにほぐす。

香菜、ネギ、梅干し、ささみをボールに入れてよく混ぜる。
ザーサイとごま油大さじ2を入れてさらに混ぜ
塩とコショウで味を調えて完成。
冷蔵庫で冷やすとシャキッとした食感に。

・リゾット(二人分)
乾燥ポルチーニ5gを80ccの水で30分戻す。
玉ねぎ1/4を、繊維に縦に2cm幅で切る。
キノコはなんでも合わせて100g、薄切りにする。
鶏肉も100g、らしいが50gぐらいのほうがすっきり。
キノコも実は、少な目の方がいいかも。

小鍋にオリーブオイルを大さじ1
玉ねぎが透き通るまで炒め、100gの洗わない米を投入。

同時に別の鍋に350cc程度の湯を沸かし
固形コンソメ2個を入れ、これは常に弱火で沸かしておく。

米が温まったら小さめに切った鶏肉を炒める。
肉が白くなったら、ポルチーニの戻し汁を投入。
沸いたところで、キノコ、ポルチーニも入れる。
コンソメスープを米がひたひたになるぐらいにいれる。

ここから17分ぐらい、スープが米にかぶる程度に
3回程度にわけてスープを注ぎ足す。
時間になり、スープがほとんど無くなったところで
白コショウ(できれば挽かずに潰す)をふり
オリーブオイル大さじ1、削ったパルミジャーノ15gを加えて
勢いよくグルグル混ぜしてできあがり。
温めた皿に盛りつけるほうがいいかもしれない。
[PR]
by rocketwriter | 2009-10-12 00:06 | eat

週末備忘録、この冬最大の…

c0012176_17314786.jpgやってもーた。


カメラ買った方が良かったかな?
2着でロードレーサーという話もあった。
まあ、数年前からずっと買おうと思ってたんで。
ホグロフスとノースフェイスも見たけど
どうせ買うなら後悔しないように。


今日は伊勢丹のイタリア展でワインの試飲も楽しむ。
大さじ一杯程度の試飲だって、10回ちょっと試飲すれば
すぐカップ一杯分ぐらいになるからね。
気が大きくなって美味しそうなパルミジャーノを握りしめ
ひとつ下のフロアで、これも前から買おうと思っていた
セール品のダンスクの23cmプレートも買う。

神様。今年はもう無駄遣いしません。
[PR]
by rocketwriter | 2009-10-11 17:32 | goods

週末備忘録、連休最初の土曜

木曜の夜、久しぶりにレッドウイングを引っ張り出し
履き慣らしの旅に出る。
住宅街の頭上に、台風一過の晴れ空の漆黒と、白雲のグレー。
すっかり忘れた頃に、今年もやって来たキンモクセイの香りに
いつものようにドキリとさせられる。人はそんなに変わらない。
スネに血が滲んだのはわずか20分ほど。
右足を引きずって帰宅する。バンドエイドとミンクオイルが必要だ。

金曜の夜は睡魔に勝てず、飲み会をフイにする。

昼前から良く晴れた土曜、朝は洗濯掃除。
遅めのランチはいつものデリで済ませる。
近くの颯爽堂で買った福岡伸一の
「世界は分けてもわからない」が素晴らしい。
僕のような科学音痴には相当高度な中身のはずが
どういうわけか理解したつもりになってグイグイ読み進める。

店を出ると、1年振りぐらいの、大学の知り合いに捕まった。
彼女の街の馴染み処巡りに、数時間つき合う。
そうか住宅街のそんな奥にもこんな店がね。

その時仕入れた飲み屋情報をもとに
夜は酒房高井の暖簾をくぐる。
そんなに安くないけど、なかなか美味しい、感じもいい。
ほろ酔いで読む、世界を分けてもわからない。

そして家で、コーヒー飲みながらブログなんかを書いている。
秋の夜の、不思議な高揚感が、今日このまま終わるなとささやくような。
9時半からスタートする深夜のエヴァンゲリオンでも観に行こうかな?
[PR]
by rocketwriter | 2009-10-10 20:17 | book

散財

c0012176_2264536.jpgホグロフスのスピッツジャケットがほしい。
30~40リッターのリュックがほしい。
軽めの登山靴もほしいなあ。
よく考えてみたらアウトドア系のものがほしいらしい。

今日はちょっとだけ散財。
ベビーGって完全女の子用なのか?
入ってる袋がファンシーで恐い。
使わないし、袋は捨ててしまおう。
[PR]
by rocketwriter | 2009-10-08 22:06 | goods

キッシュが焼けたよ

c0012176_2317720.jpg平日の夜は、こんなことしてます。

ぜんぜんウソです。普段は午前様だったりするんだ。
超、久しぶりに早く帰れたので
嬉しくて、体調悪いのに、もったいなくて焼いてみた。
初挑戦だが、もう少しオーブンにブチ込んでも良かったかも。
焼き色がもっとこんがりと、ねえ。

あと、けっこうバター使うんでたじろぐ。メタボがさ。
もう少しヘルシーなレシピを探してみようかな。
でもパイ生地みたいなもんだからしょうがないかな。

でも楽しーなあ。毎日早く帰れればいいのに。

味見は夜遅いので明日にしよう。
無塩バターが無くて、普通のバターだったので少し心配。
でも食べちゃうんだろうな。。
[PR]
by rocketwriter | 2009-10-05 23:17 | eat

空気公団、青い花

c0012176_1665059.jpgこのところずっと、空気公団のベスト 「空気公団作品集」。

山崎ゆかりの衣擦れのような透明な声と
ジム・オルークあたりを思わせる
シンプルなのに重厚な演奏が飽きさせない。
聴いたことあるようで、とても新しい。
つーか癒される。日本語の歌に飢えてるのかな?
近作の「メロディ」も買ってみよう。

その空気公団つながりで、フジTVのアニメ「青い花」にたどりつく。
そう言えば、サトーさんも言ってたような。
オープニング曲を空気公団が担当。
なかなかいい曲なのだ。
オープニングの映像演出も、定番ながら秀逸であります。

「青い花」がすごい。
全11作、YouTubeで一気に観る。
まったくダレず、ストレートにして繊細に描き切っている。
余計な演出一切無し、「?」な部分も一切無し。
作り手の力量は相当なものだと思う。
しかしこれ、スタッフクレジット、男性がほとんどだ。。

この手のクリエイティブに嫌悪感のない人はぜひ。
[PR]
by rocketwriter | 2009-10-04 16:07 | music

光 松本陽子/野口理佳

c0012176_9275683.jpg松本陽子から見る。
ピンク色の画面、羽毛みたいな筆の運び。
アクリルの白がほんとに光みたい。
2005年ぐらいから、油彩を使った緑色の画面や
ベージュっぽい画面の水彩作品が現れるのだが
色の微妙な境界に、明るい色のパステルなどで描かれた
軽妙なエッジが走っていて、それがまるで書みたいで
気持ちよくて、ずっとその線を追いかけてしまう。

野口理佳。
凄いな。フジヤマ、太陽、マラブが好きだ。
好きな写真はけっこう画面を覚えるものなんだけど
彼女のはべつのを見てから戻ってきて見返すと
あれこれ見たっけと思うことが多いのはなぜかな?

企画展として、二人をどうして? という疑問は
最後まで解消しなかったけど、
それはそれとして十分楽しめた。
ちょっと感動しました。芸術の秋です。

光 松本陽子/野口理佳
[PR]
by rocketwriter | 2009-10-03 09:28 | art