6月の本

c0012176_1385351.jpg今月は2冊とも科学の本。

・「99.9%は仮説」 竹内 薫
“科学はぜんぶ、仮説に過ぎない”というのが新鮮。

科学的に証明されたことは覆らないような気がするでしょ。
でも例えば、地動説も、ニュートン力学も
後からやってきた天動説や相対性理論に取って代わられて
最近では冥王星も、実は惑星じゃなくて
小惑星だったという学説が有力になっていたりする。つまり…
科学的証明はその時代の最新の仮説に過ぎないというわけです。

すごく解りやすい言葉で書かれた本で
字もでっかいんだけど、僕には難しい所もいっぱいあって
でも、科学が身近に感じられる好著ではないでしょうか。
題材に登場した相対性理論の解りやすい本も、探して読みたくなった。

・「生物と無生物のあいだ」 福岡伸一
文章の巧みな人で、まずそれに驚かされる。
科学ミステリーというか、分子生物学の歴史を追いながら
DNA、核酸、ウイルス、ES細胞といった
生命の大発見の現場を生き生きと見せてくれる。

それにしても、肉体について僕らは
外から隔てられたモノとしての器というか実体があるように感じていて
ところが、分子レベルでは細胞を作るタンパク質やアミノ酸は
川の流れの中の、たまたまそこに密度が高まっている分子の
ゆるい淀みでしかなく、しかも、その分子は高速で入れ替わっている…
なんて聞いたら、ちょっとゾクゾクしませんか?
生命の不思議をのぞき見るのに打って付けの本です。おすすめ。
[PR]
# by rocketwriter | 2008-06-29 01:39 | book

10人

c0012176_0242025.jpg京都から万年筆を買いに来た男の招集により
金曜の夜は久しぶりの人々と新橋で会う。
話は盛り上がり、金、土と我が家に宿泊される“万年筆”が
土曜は我が家で続きを飲もうと仰る。
こっちも軽いノリで「来いやあ」的な発言をしてみる。

土曜、神保町で7万円の万年筆ご購入を目の当たりにした後
万年筆と分かれ、自宅でだらだらしていると
まずは埼玉から1名様ご到着、ほんとに来たー。
それから90分後、今度は神奈川の2名様+小さい1名様と
青梅から1名様が、千葉の美女1名様と連れだってやってくる、計5名様。

そして最後に、言い出しっぺの万年筆が
鎌倉の1名様を連れ立ってやってきた。
我が家を含め、しめて10人。大丈夫か、うち?
なんの準備もしてなかったものの
皆さんの差し入れを美味しくいただきました。

ワインは CA' DEI FRATI PRATTO 2005 ってのと
COSTE DEL MOLINO ってのですげーうまい。
久しぶりにおいひいワインを頂きました。高いのにすみません。
飲みきった後に我が家で出した かざま甲州2000 が子供の味に思えたよ。

後、モチクリームって初めて食べた。面白おいひい。

焼酎・閻魔は飲まなかったけど戦利品ということで。
チビチビいかせて頂きます。
ホントに遠路はるばる、そして夜遅くまでお疲れ様でした。
今度は藤原庵でお会いしましょう。
[PR]
# by rocketwriter | 2008-06-16 00:26 | monologue

ビールは我慢

c0012176_19333776.jpgこのところ週末になると雨だ
と、思っていたらやっと晴れた。

コーヒーを淹れる。
石灰を混ぜておいた去年のプランターの土に
先週買ったバジルの苗を植え替える。

切り戻したシェフレラの新芽が出ていないか
穴が開くほど眺め回す、大丈夫か?

ミニバラとかトネリコとでっかいポリシャスが欲しい。
オリーブの鉢も大きな物に替えたい。
あと、自分の部屋に小さなサボテンが欲しい。
クルマが無くなったら、そのへんがおっくうだ。

洗濯機を回す、食器を洗う、掃除機をかける。
カビキラーで風呂場のカビ退治をする。
押し入れの中の、ネコの隠れ家を掃除する。
洗濯機をもう1度回して、乾いたのをたたむ。

午後、シャンプーと洗剤と歯磨粉を買い込む。
ついでにインスタントな昼飯も買い込む。
ご飯を食べながらマガジンXを読む。
食器を洗って電子レンジを掃除する。
夕飯用に炊飯器をしかける。

そして遅くに、久しぶりに自転車に乗る。
30km以上走ることにして、国立の先へとペダルを漕ぐ。
サイコンの画面を見ていると、速度表示が安定しない。
35km/hの直後に17km/hになり、20km/hになったかと思うと
しばらく0km/h表示が続く。
電池は入れ替えたばかりなのだが…。

夕暮れが気持ちよくて、ネコとだらだらゴロゴロ中。
[PR]
# by rocketwriter | 2008-06-01 19:33 | monologue

5月の本

c0012176_0491653.jpg5月に読んだ本の防備録。

「騙されない!」ための経済学 森永卓郎
 モリタクの本。経済学というより格差社会を
 わかりやすく描いた本という気もする。
 すらすら読める。けど、等身大の視点には共感できる。
 いやほんとに、未来の日本に僕らの安心して住める“国”はあるんでしょうか?

「格差社会-何が問題なのか?」 橘木俊詔
 格差社会が気になって、もー一冊読んでみた。
 これはもしかして、上の本の元ネタなのかしら?
 様々なデータを元に格差社会の現状を掘り起こしていく。
 最低賃金の低さ、貧困者の割合、教育や医療や社会の保証制度、
 どれをとっても、いつの間にか日本は先進国中ほぼ最低になってるんですね。

「アメリカの世界戦略」 菅英輝
 すこし難しすぎた。
 唯一超大国を自認し、その支配力を維持しようとする帝国=アメリカと
 フランスやドイツを主体とするヨーロッパ、そして日本、中国、インド、中東…。
 民主主義、自由経済、グローバリズムといった
 僕らにとってのスタンダードも、押しつけた時点で十字軍的なのかもしれない。
 現ブッシュ・ジュニア以降のアメリカ帝国化の加速はちょっと不気味です。

疑似科学入門 池内了
 いわゆる、科学を装った“非合理”に警鐘を鳴らす本。
 ちょっと挙げてみると、占星術、超能力、健康食品…なんてのの他に
 血液型性格判断、マイナスイオン、クラスター水、アガリクスなんかも切って捨てる。
 このあたりは今や常識的に正論として捉えている人も多いのでは?
 インチキを理論で論破でメッタ切り、的なスピード感は無いけれど
 科学的態度を問い直す、という意味ではとても真面目な本だと思う。
 個人的にはマイナスイオン、血液型なんかはもう少し突っ込んだ物を読んでみたい。

自動車産業は生き残れるか 読売新聞クルマ取材班
 中身は軽いけど、出てくる数字は仕事柄知っておくと便利かも。。
[PR]
# by rocketwriter | 2008-06-01 00:49 | book

シマアジと締め鯖

c0012176_8454871.jpg久しぶりに魚ネタ。食べてますよ、毎週。
魚がおいしくて安い飲み屋さんを見つけても
週末は買ってさばくのが楽しい。

本日はシマアジと、近海物の首おりサバ。
シマアジはこのサイズだと、高い時は4000円ぐらいする。
半額以下で買えるチャンスとあれば見逃せない。

シーズンを過ぎたサバは脂はもう乗っていないものの
たまに食べたくなるのが締め鯖。
首おりとなれば、鮮度のほうは保証付きなのだ。

ゴーヤーチャンプルやエシャロットも織り交ぜて食べる。
シマアジはほんとに最高。 サバはやっぱり秋がいいかな?
[PR]
# by rocketwriter | 2008-05-25 08:46 | 魚介道

春はやっぱり

c0012176_19631100.jpg自転車でしょ?

最近、BD-1 を引っ張り出して乗ってます。
もう7年経つけど、あんがいしぶとい。
ずいぶん昔に装着したサイコンの積算距離が
やっとこさ2000kmに達したので記念にUP。
これが3000kmとか5000kmになったら
Madone4.5 とか CR1 とか考えよっかなw

今回、京都のお兄さんも着けてるエアサス
sky shock が売っていたので装着してみた。
これ、かなり凄い。いきなりベルベットフィール。
舗装路の細かな凹凸は、ほとんどいなしてしまう。
大きなのはガシンって来るけど、とても
前15mm、後6mmのミニマムトラベルとは思えない。
ハンドリングも気のせいか安定するっぽい。
ここまで違うとは思わなかった。

ただし困ったことも少々。
1:走行100km程度で、摺動部がはやくもギシギシ。
  たぶん、サスオイルが切れてきたかと…。
  このぶんだと、100kmごとにエア抜いてメンテか?
2:前リンクの固定用フックでFサスの基部がガタガタに。
  機能的に問題なさそうな部分とはいえ、大丈夫かな。
3:リアサスのフレーム側のゴムワッシャの接着が剥がれた。
  Y's Road に電話すると、多分交換とのこと。
  ユニット外して持っていくの面倒臭いー。。
4:サス用ポンプが必要でこれがけっこう高い。

ま、それでも楽しんで乗ってます。
ペダルをMTB用のSPDにしちゃおっかとか
タイヤ替えると軽くなんのかな、などと妄想中。

ほんとはロードレーサーがほしいんだけどね。

ps 
で、今気が付きましたよ、うっかり八兵衛。
電池切れで入れ替えたサイコンの時計を合わせようとしたら…
タイヤ周長のデータが狂っているような、いないような。
18×1.50 だと周長が 1340mm でしょ。。。
それが、1120mmにセットされている。。
もしかして、買った当時からっぽい。
ってことは、今までの距離表示は 17%OFF ???
どーりで平均速度も低かったような(汗

[PR]
# by rocketwriter | 2008-05-06 19:06 | 自転車

続・地球温暖化

c0012176_0255570.jpg環境問題のウソ/池田清彦著 のあとにもう一冊
地球温暖化/伊藤公紀 を読んでみる。

太陽の黒点活動が地球温暖化の主要な要因である、という
「環境問題のウソ」の論拠は、伊藤氏が「地球温暖化」で書いた説を受けている。
結論から言うと、どうもさらにわからなくなったので
Do you think for the future? という以前から気になっていたサイトの著者に
あつかましくも、手ほどきをお願いするメールを出してみた。
とても詳細かつ丁寧な返答メールを頂いたので、自分なりにまとめてみました。

本が出た当時の論評は、紹介してもらった市民のための環境学ガイド に詳しい。
一方、Do you think for the future? の著者からは
伊藤氏の本が出てから現在までの間に、コンピュータモデルの信頼性向上などによって
ほぼ、温暖化ガス否定論は、論破されつつあるようだというお話も頂く。

以下、IPCCの最新レポートである第4次評価報告書の主題を強引に要約すると
・気候システムの温暖化は疑う余地が無く(very high confidence=90%を超える確率で)
・温室効果ガス濃度は産業革命以前の水準をはるかに超え
 (産業革命から2004年間に70%増加、過去65万年の歴史で最高)
・20世紀後半以降の地球規模の気温上昇のほとんどが
 温室効果ガス由来の可能性が高く
・現在の施策では今後より大規模な温暖化がもたらされることになる
…といった文言が並んでいる。
ちなみに、温暖化によるメリットを唱える学説に対しては
・温暖化の便益は温度がより低い段階で頭打ちになり、温暖化進行に伴い被害が増大
ということで、二酸化炭素が増えると植物がよく育つとか、凍死率が減るとか
そういう論理は地域的にも期間的にも限定的ということになるのかもしれない。

市民のための環境学ガイドによる第4次評価報告書のまとめによれば
「もしも、人為的な影響を含めない自然起源の温度変化だけを算出してみると
1950年ごろから、地球の温度は下がりつつある。すなわち、多分、太陽活動は落ちつつある。
しかし、現実には、人為的な影響が非常に大きいもので、気温が上昇している。」という記述があって
これはその次に続く「地球が温度上昇側に振れたとたんに、もっとすごい上昇速度になる」
ことを意味するわけで、ちょっと恐ろしくもある。
大気中の二酸化炭素濃度はわずか0.04%未満で、窒素の約80%や、
酸素の約20%と比べるとずっと少ないのだが、二酸化炭素恐るべし。

再びDo you think for the future? の著者の言葉を借りれば…
「実は二酸化炭素の排出は気候変動に大きな影響がなかったとしても
迫り来る化石燃料の枯渇を前にして低炭素社会を目指すという進むべき方向はあっているわけで
まあ、二酸化炭素排出を減らすというアクションは、どちらに転んでもそんなに悪い賭けではないと思ってます。」
とのこと。なるほどです。

一方、「地球温暖化」の最終章でも触れられている通り
日本では、地球温暖化防止という名を借りて
安全検証やトータルコストを顧みずに原子力へ切り替えが進んでいること
炭酸ガス排出取引がすでに巨大なビジネスとして動き始めていること
ドイツなどは東独の従来のエネルギー効率が悪かったため京都議定書クリアが容易なこと
など、一概に温暖化防止への政策といっても、裏と表を見分ける必要もありそうだ。
[PR]
# by rocketwriter | 2008-04-21 00:35 | book

最近読んだ本

c0012176_1264133.jpgここ2カ月で読んだ本。
忙しいのに、スラスラ読めるのはなぜ?

1:バビロンに帰る…スコット・フィッツジェラルド、訳は村上春樹
  プロットがいいらしい。悪くないけど、凄く感動するわけではなく。
  読み込みが足りないのか…うーん。

2:海辺のカフカ…予想より良かった。
  でもベストは、世界の終わりとハードボイルドワンダーランド。

3:神様…川上弘美。日本昔話にしてSF。引きずり込まれる。
  そのへんのアパートから始まるリアリティとイメージが凄い。

4:反米大陸…イラク戦争と湾岸戦争が正義だと思っている人へ。
  その昔、お世話になった神父はイラク侵攻が必然と宣った。
  でも、謀略と虐殺の限りを尽くす超大国の現実はちょっと違うと思う。
  華氏911とセットでどーぞ。24とか観ておいてなんだけど。

5:欲望する脳…今をときめく、茂木健一郎。
  うーん、でもいまいち良く分からず。
  脳科学というより禅問答っぽい気がする。
  言ってることの方向性みたいなのは嫌いじゃないです。
    
6:環境問題のウソ…CO2は温暖化の原因なのかって? えーっ??
  自動車メディアに片足を突っ込んだ一人として、うそーって感じ。
  とは言え、科学的検証法を持たない自分には反論材料もなく…
  どなたか、もっともな反論が出来る人に話を聞きたいです。
  この件に関しては、また、のちほど。。
[PR]
# by rocketwriter | 2008-03-23 01:11 | book

11_2_2008

c0012176_23553484.jpg
[PR]
# by rocketwriter | 2008-02-23 23:55 | photo

年末から今日まで、少しだけトピック。

30日、miyaから連絡。
31日、小原先生、ペンション閉鎖宣言。

6日、親父と飲む。
昨日、MINIがドナドナされる。

さて、今年はどんな1年になるのか?
[PR]
# by rocketwriter | 2008-01-14 18:07 | monologue